新宿で賃貸オフィス向け物件を探しました

山ほどある中から選べる新宿の賃貸オフィス

山ほどある中から選べる新宿の賃貸オフィススタイリッシュな賃貸オフィスをあつかう業者との出会い理想形に近い賃貸オフィスを契約!

自分で仕事を始め、しばらくは自宅兼仕事場というスタイルでやっていたのですが、気持ち的にも、また必要性としてもそれぞれを分けたくなって行きました。
やはり場所も必要になりますし、リラックススペースと仕事スペースがあまりに近いのは自分としてはダメだったようで。
新宿で、というのは必須条件だったので、賃貸オフィス向けの物件をなんとなく探し始めました。
予想はしていましたがさすが新宿、賃貸オフィスにも使える物件は数限りなくあると言ってもいいくらいに山ほど出てきました。
これはいいぞ、条件や好みから本当に好きな場所に決める事ができる、とワクワクしながら探しました。
自分の探している条件が、社長と社員が一人、アルバイトの事務員の3人が、問題なく働く事ができ、プラスあと二人か三人人員が増える可能性があるので、それに問題の無い広さがある事。
そして、来客用の打ち合わせスペースと、倉庫に使用する部屋がある事。
さらに、業界的にある程度のスタイリッシュさもあった方が良かったので、建物の雰囲気。

賃貸オフィスの充実した動向

資格を取って自営業を始めてから数年が経ち、それまで使用していた事務所が少し手狭に感じるようになりました。
賃貸オフィスを利用していたのですが、数人しか入れない小さな部屋に業務にどうしても必要な資料棚や応接セットを入れたため、
ドアを開くといきなり応接セットのソファが見えてしまっているような状態でした。
そこで経営がやっと軌道に乗ってきたこともあり、新しいオフィスを探すことにしました。
思えば今まで使っていたオフィスも自営業立ち上げの際に必死に探した物件でした。
新しいオフィスを探す時はいつでも自分の城を探すような気持ちで、わくわくしてしまいます。

数年前から従業員も増えて環境が変わっていることもあり、次のオフィスは自分用の机だけではなく、
これから先に新しく人を雇った場合にも余裕が持てるような物件を探しました。
自営立ち上げ当初、あれこれと迷いつつもオフィス探しをしていたころより物件側の状況が変わっているかもしれないと思い、
まずは賃貸オフィスの相場や条件といった動向を探ることから始めました。
当時はせっかく見つけた物件も仕事に使いたいと伝えたとたん断られてしまったり、
せっかく見つかっても駅から遠く離れていて来客に不便だったりと、事務所に使える賃貸物件を見つけること自体にとても苦労しました。
しかし最近ではレンタルオフィスやシェアオフィスといった形態も増えていると知り、
こちらにも興味を引かれました。
自分が自営業を始めた頃よりも独立しやすく、事務所を構えやすい環境になっていることに驚きました。
また、賃貸タイプの物件も以前よりサポートが充実しているようで、こちらも羨ましかったです。

シェアタイプやレンタルタイプにも心惹かれたものの、どっしりと腰を落ち着けて仕事ができるのはやはり賃貸タイプかなと思い、
結局賃貸オフィスを中心に物件を探しました。
実際に不動産屋を何件も梯子し、ネット上の情報も活用しました。
ネット情報は室内の写真を掲載してくれているサイトも多く、ここに机を置いて、
棚を置いてといったシミュレーションにも役立ちました。
良さそうな賃貸物件を見つけたら、現地に見に行くのが一番です。
ちょうど仕事が忙しい時期に差し掛かってしまいましたが、
来客の合間や出張の帰り道に現地に行っては物件の下見を続けました。
事務所探しは物件を紹介してくれる業者との相性や、土地との相性もあると思います。
写真ではいいなと思った事務所であっても、足を運んで実物を見たら何となく薄暗い雰囲気が漂っていたり、
周囲にゴミが散乱していたりと、見なければ判らない雰囲気のようなものがあります。

最終的に絞り込んだ賃貸オフィスのうち、駅から徒歩数分の距離にあり、
周囲で駐車場も借りられるものを選びました。
今までの事務所よりも広々としていて、従業員の分まで机も余裕で設置できます。
せっかくなので観葉植物なども買って置いてみたところ、なかなかおしゃれで見栄えの良いオフィスに仕上がりました。

物件探しやそれに伴う手続き、引っ越しは大変だったものの、新しい場所に移動してよかったとしみじみ実感しています。
賃貸オフィスの良いところのひとつは、こういった移動も容易に決断できる点でしょう。
仕事の規模や従業員の人数に合わせ、新しい場所へとその都度移動しては環境を整えることができます。
移動は自分の仕事を振り返るきっかけにもなり、独立してから数年が経ち、
すっかり訛っていた自営業への決意も再確認することができました。
いざ事務所を構えてみたはいいものの、
ここは少し違ったという場合にも賃貸ならば引っ越すことができます。
これからも業務に合わせて賃貸オフィスを利用していくつもりです。